不動産投資について

不動産投資にかかる様々なコスト

不動産投資には物件購入にかかるもの以外に様々なコストがかかります。まず購入時には不動産仲介手数料や登記時の登録免許税、司法書士の依頼料、さらに不動産所得税を支払わなければなりません。そして意外に忘れがちなのが消費税です。土地購入の場合は消費税は非課税ですが、建物や部屋を購入する場合には消費税が課されます。不動産投資は大きな買い物と言え、生活用品などとは違い消費税分だけでも大きな額になるので注意が必要です。そして物件を購入した後にもコストがかかります。そもそも物件への入居者のいるいないにかかわらず物件を所有しているだけで固定資産税や都市計画税が課されます。また入居者を新しく募集する際にはそれに対する広告費が、加えて物件を管理会社に維持管理をしてもらう場合には管理費用がかかります。それから大きなマンションでは消防点検やエレベーターのメンテナンスが定期的に必要で、古い物件を所有していればリフォーム費用や修繕費用も必要となります。

Copyright© 不動産投資 All Rights Reserved.

不動産投資にかかる様々なコスト
不動産投資